引越し業者中野

1番簡単に引越し業者を中野で選ぶ方法

中野区 引越し

中野区 引越し 見積もり

中野区 引越し 価格

中野区 引越し 料金

中野区 引っ越し 相場

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると中野区だけでも30件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

中野区引越し

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しの相場と時期

 

中野区引越し選ぶ

 

引越し件数は3〜4月が最も多く、この時期は繁忙期(オンシーズン)と呼ばれます。
この時期は引越し料金が最も高い時期となります。

 

繁忙期はその他の通常期(オフシーズン)に比べると、費用に大きな差があります。

 

引越しが3〜4月に多いのは人の移動が新学期に合わせられているからです。

 

4月から大学に入学する学生や就職した新社会人、また人事異動で新年度から新天地へ行く会社員の移動がすべて3〜4月に重なります。
この時期は引越し業者はスタッフを増員したり、1日に回る件数を増やすなど対策を講じますが、それ以上に引越しが多く到底人手が足りません。

 

そのため繁忙期はどうしても通常期に比べて費用が高くなってしまうのです。

 

そんな繁忙期でも少しでも費用を安くしたいなら、早く新居を決めて引越し業者に見積もりを取ることです。
とにかくスピードが大事なのです。

 

繁忙期は特に安くて良い引越し業者ほどどんどん予約が入り、引越し日ギリギリになるほど高い業者しか残りません。
それでも引越し出来ればいい方で、中には業者が見つからないなんて事態もあるのです。
繁忙期は引越しのことを先延ばしにせず、早めに準備することが重要です。

 

 

引越しの前にかかる費用

 

引越しの初期費用

 

引越しするには新居を決めなければなりませんね。新居の契約費用についてご存知ですか?
マンションやアパートを初めて借りるという方は、入居時にかかる費用について専門的な用語が多いのでよくわからないと思います。
一度確認しておいてくださいね。

 

賃貸物件の契約には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。
何だか分からないものがたくさんありますね。一つずつ見て行きましょう。

 

・敷金は物件を退去する際に、汚れた壁紙などを補修する費用で入居時に貸主や管理会社に預ける形になっています。
部屋を綺麗に使っていて退去時に特に問題がなければ、返還されるお金です。
ですからもともと部屋にあった傷や汚れは、写真に撮っておいて退去時に自分でつけたものではないことを証明できるようにしておくといいですよ。
ただし、契約内容によっては敷金を返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しておきましょう。

 

・礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたもので、いまだに習慣となっています。
指定されている場合は支払う必要がありますが、ただ最近は礼金ゼロという物件もあります。
賃貸物件も空き部屋が増えてライバルが多いので、少しでも初期費用が安くして入居してもらう目的ですね。

 

さらに物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
いま家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。
反対にフリーレント1カ月といって、「1か月分の家賃が無料ですからぜひうちの物件にお入りください!」という貸主もいます。

 

礼金や家賃の先払いという考え方は、貸し主さんの考え方次第ということですね。

 

・仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用で、家賃1カ月分・家賃の数パーセントと会社によって決まっています。
先に確認しておきましょう。

 

・昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、いまは様々な事情により連帯保証人を用意できない人が増えました。
連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

・賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入しなければなりません。
例えば隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
集合住宅では火災保険の加入は必須で、自分の身や財産を守るために必要です。

 

・新しく物件に入居する際には、ほとんどの場合に鍵の交換を行います。
マスターキーは管理会社か大家さんに返却されますが、前の住人がもしスペアキーを作っていた場合は部屋に侵入することが可能非常に怖いですよね。やはり他人が自分の家のカギを持っていて場所も知られているというのは気持ちのいいものではありませんものね。
鍵の交換費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約する前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越しの挨拶時期

 

引越しのあいさつ

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日には行きましょう。
先延ばしにすればするほど行くのが面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

引越し日までに簡単な粗品を用意して、早めにご近所へのあいさつに行くのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤、お茶などが喜ばれると思います。

 

近所と言いますが、ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶しにいって、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですよ。

 

 

引越し費用を安くする条件とは?

 

引越しを安く

 

引っ越し費用は高額になるので、少しでも安くしたいと思いませんか?
そんなときは引越しの条件を少し見直ししてみましょう。

 

引っ越し費用は荷物の量が多ければ多いほど高くなりますので、引越し料金を安くしたいのであれば引越し前に荷物をできるだけ減らすことです。

 

そして3月前後は繁忙期なので、1年で最も引っ越し費用が高い時期です。
普通に運ぶだけでも高くなる時期なので、できるのであればこの時期は避けたほうがいいです。

 

どうしても繁忙期を避けられない時は、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って契約してしまいましょう。 
繁忙期は特に、準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向にあります。

 

曜日で言えば、土日祝日は引っ越し希望者が多いため平日に比べると費用が高めです。
仕事を休まないで引越しを終えたいと皆さん思われますから仕方ありませんね。
平日引越しは割引がありますから、引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

時間で言えば、午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多過ぎると利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

ダンボールの入手方法

 

ダンボール 引越し業者

 

引越しではダンボールが沢山必要ですが、みなさんどうやって調達しているのでしょう?

 

まず大手の引越し業者は契約した時に最大50箱のダンボールをプレゼント!など謳っています。
ダンボールの数は業者によって変わりますが、結構なボリューム頂けるのは助かりますね。

 

洋服をハンガーにかけたまま運べる便利なハンガーボックスは、無料で貸出しをして後で回収するという形が多いようです。

 

しかし、ファミリーの引越しの場合は衣類だけでも荷物が多いですから、ダンボール50個でも足りないこともあります。

 

そうなると足りないダンボールは引越し業者にて有料で追加購入するか、ホームセンターやネットで買うか、スーパーやドラッグストアなどでもらうなど、何とか手を尽くして手に入れなければなりません。

 

スーパーではレジ袋の代わりにダンボールをお客様用に置いてありますが、最近は「大量のダンボールの持ち帰り禁止」というスーパーもあります。
ドラッグストアなどでもらえないか聞いてみるのもいいですね。

 

ダンボールは3種類くらいの大きさのものを用意して、軽いものは大きいダンボールに、重い物は小さいダンボールに入れるなど持ち上げても底が抜けない工夫をしましょう。
ガムテープはクラフト製よりも布製が一番強度が高く、十字に貼るのがオススメです。

 

さらに作業の効率を考えて、外から見て中に何が入っているのか一目でわかるようにしておいてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越し業者国立